大阪の外壁塗装の資料請求はこちらから

サイトマップ
外壁塗装・大阪のゆとりで赤外線調査

外壁塗装・大阪の月別ブログ記事リスト/h2>

大阪・外壁塗装の月別ブログリスト

梅雨と外壁塗装


久々に梅雨らしい天候になってきました。6月の初め頃天候では今年もまた空梅雨になりそうで、あちこちでは水不足で悩まされていましたがこれで少しは安心です。

ただ住宅では、意外と今年も雨漏りの調査と外壁の塗装の依頼があります。

多くは外壁のクラックからの雨漏りと屋根瓦の棟そして屋根瓦の壁際からの雨漏りが多いようです。

外壁塗装をされるときは外壁の点検と、屋根の点検も同時に点検をされるべきでしょう。

外壁塗装とは外壁に色を付けるのが目的ではなく、外壁の保護を目的とした外壁塗装をしなくてはなりません、そのためにはきっちりと外壁の点検してくれる外壁塗装業者に工事をお願いすることです。

金額だけにつられて安い工事をされて、1年もしないうちに外壁塗装がはがれてきたという話も効きます。

皆様はそのような工事に合わないように、外壁塗装大阪のゆとりにお任せください。

2013年6月26日

外壁塗装と雨漏り解消!


梅雨になり雨が全然降らなかったのが、昨日はどかっと一気に大雨一部の場所では家の中まで雨が浸水、恵みの雨が一気に被害の雨の様子になりました。

先日、雨漏り被害があった住宅のお客様の依頼で外壁の塗装をさせていただきました。以前から雨漏りをしていた野ですが補修工事を何回もしていたのですが、この再に外壁塗装と雨漏り補修を一緒に工事が出来る塗装業を探していたところ、外壁塗装大阪ゆとりが赤外線カメラで雨漏り調査もされているので雨漏りの補修も出来るのではと思われて仕事の依頼されたようです。

今回仕事を受ける際にどのような時に雨漏りをするのかをお聞きして、工事に入りましたので今回の外壁の塗装工事は外壁塗装が目的ですが、もう一つの雨漏り補修工事も目的の出したので、目には見えない雨漏りのしそうな場所を見つけ、補修させていただきました。

昨日の大雨では異常がなかったとの事でしたので多分雨漏りが治ったと思いますが、これから台風うが来ていますので、この後の状態を見守りたいと思います。

外壁塗装大阪ゆとりの外壁塗装は塗装工事することだけが目的ではなく、住まいを健康にすることも目的とした外壁塗装工事をしています。

住宅に不安がある方は是非一度外壁塗装大阪ゆとりに相談ください。

2013年6月20日

大阪外壁塗装ゆとりは訴えます!この夏、暑さに耐えられますか?


先週の木、金と続いて昨日の日曜日も38℃以上の気温になり、熱中症でお一人がなくなってます。

家の中でも熱中症になぜおこるのでしょうか?

これは屋根の瓦がやけて小屋裏温度が60度位の高温、そして湿度も高いので住宅の中も暑い空気が漂っているのです。

でも外壁塗装ゆとりの提案は、屋根瓦の熱さは解消できませんが、小屋裏の熱くなった温度を階下に直接伝えない、つまり高温をシャットアウトしませんかと言う提案です。

住まいの建築時期によっては瓦の葺き替えして熱シャット工法+小屋裏の高温の自然放出方法、

またシ遮熱塗装(AGCのボンフロンサンバリア(フッ素樹脂)で30年塗り替え不要)の提案です。

外壁塗装の熱対策は大阪外壁塗装ゆとりにご相談してください。

2013年6月17日

寝苦しい夜を快適に!


昨日と言い、今日と言い冬がから一気に夏が来たみたいな暑い日が続いています。

春も短く、梅雨も無くいまはうだるような夏の暑さになっています。沖縄地方では梅雨が開けたとのニュースが流れていました。

この暑さで家の中も一気に暑くなり、夜も暑くてなかなか寝付かれません。

今スーパーでは涼しそうな寝具がたくさん売り場に出ていますが、まずは住宅の暑くなる根本を解消しませんか?それは屋根の小屋裏の温度を下げることです。今日のような外気温が30℃を超すと屋根裏の温度は60℃近くまで上昇しているのです。屋根瓦の日射で高温になった熱は小屋裏に溜まり、いつまでも室内の温度が下がらず寝苦しい夜を迎えて、寝付かれないのです。

これを解消するには外壁塗装大阪ゆとりの熱シャット工法で小屋裏の温度を下げた夜の快適睡眠をしませんか?

あなたの寝苦しい睡眠を快適にする方法を外壁塗装大阪ゆとりはお教えします。

お気軽にお問い合わせを。

 

 

2013年6月14日

外壁塗装と工事単価


最近、HPを見て相談のお電話をいただきます。あまり嬉しくない相談なのですが他社で今外壁塗装工事をし始めたのですが、当初の契約内容と違うのですがどうしたらいいですか?と言う内容です。

なぜこのようになったのかを問い合わせると、必ず金額が安かったから、工事の内容の比較せず金額だけの比較で安い工事に飛びつくようです。

だから施主の思いと業者の思いがまるっきり違っているようです。

安く金額を提示している業者はただ壁に色を付ける契約をしていますが、施主は壁の補修と長持ちする外壁塗装を望んでいると思われますが、あまりにも工事単価が安い見積りは疑うべきでしょうね。

また外壁塗装の見積りは金額だけでなく、工事内容の比較もする必要があると思いますよ。

安い工事をして安物買いの銭失いとならないよう外壁塗装大阪ゆとりに相談ください。

2013年6月 4日

今年は夏を熱くなりそう、でも住まいは快適に!


今日から6月、まだまだ梅雨の季節ですが、今年の夏の長期予測では夏が昨年よりもさらに熱くなりそうとのニュースがありました。

でも安心、塗るエアコンルミステージ(フッ素樹脂)で快適住宅を作りませんか?

住宅の中が暑く、いつまでも温度が下がらないのは住宅の小屋裏の温度が下がらないことが原因です。日中の熱く溜まった熱がいつまでも冷めずに小屋裏にたまっていることが原因の一つです。

ボンフロンサンバリア(フッ素樹脂)塗装で屋根瓦に塗装することで60%の熱を反射率で小屋裏の温度を12℃も下げることが出来るのです。

今年からすごし易い住宅に変身した住宅になりませんか。

外壁塗装ゆとりはすごし易い住宅の提案しています。

2013年6月 1日


大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |外壁塗装・大阪| All Rights Reserved.