大阪の外壁塗装の資料請求はこちらから

サイトマップ
外壁塗装・大阪のゆとりで赤外線調査

外壁塗装・大阪の月別ブログ記事リスト/h2>

大阪・外壁塗装の月別ブログリスト

雨漏りのシーズン


いよいよ夏休みも終わり、来週から学校が始まります。

それにつけても暑さはまだまだ続いていますが、いよいよ台風のシーズンになりそうないやな季節です。

今年の夏は特に豪雨などで被害の多かった地域がある一方、被告では雨が降らずに水不足で困っている地方もあります。

最近は外壁の塗装の工事にも異変があるのかわかりませんが、しっかりした雨漏りの補修をした外壁の塗装工事が必要です。

ただ塗るだけの塗装では2~3年で塗膜ははがれ、また雨漏りがおきてしまいます。

外壁塗装は安心の出来るしっかりした外壁塗装大阪ゆとりにおまかせください。

相談は無料です。

2013年8月30日

恵みの雨が一変!


毎日が35℃を越す暑さで日射病にならないか心配していたところ、昨日の恵みの雨かと思っていたら、なんと被害の出るくらいの豪雨になりました。大阪の梅田あたりもひざ下まで雨があがり、商店などにも被害があったとのことです。

雨も少しずつ降ってくれる分には恵むの雨ですが、急に一時的にどかっと降ってくると迷惑極まりない。

 

本日も朝から昨日の雨で雨漏りしているので調査の電話がひっきりなしです。

今回の雨漏りは普段気がつかなかった住宅が多いようです。

屋根からはもちろん、壁からの雨漏りもあるようなので、きっちり調査の必要がありますね。

外壁や雨漏りのことは外壁塗装大阪ゆとりにおまかせください。

2013年8月26日

熱中症対策!


夜、寝ているときに熱中症がありますと今日のニュースで言っていました。

今や熱中症は家の中でも起きている状態です。外の気温が35℃、これでは住宅の屋根裏では50℃以上の高温になっています。この溜まった高温が夜になっても気温が下がらずいつまでも高い気温のままなのです。

そこで外壁塗装大阪ゆとりは屋根のリフォームの提案します。夏の高温、冬の湿気を取り除く、屋根の野地板通気2重工法+小屋浦換気工法です。

まずは屋根の瓦の葺き替えするときに屋根の野地板2重と下の地板の小屋浦の換気をします。

これにより小屋浦の高温を自然換気で外気温と同じにします。つまり外の木陰にいる状態を家の中に造るのです、だから夜は自然と外の気温と同じ状態になりますので、安心して眠ることが出来るのです。

熱中症対策は外壁塗装大阪ゆとりにおまかせください。

次回はコンクリート住宅の対策を提案します。

2013年8月19日

熱中症にならない住宅リフォーム


毎日が真夏日で住宅の中にいても熱中症になるケースが目立っています。

外の気温が35℃以上あれば、住宅の小屋浦の温度は55℃以上と思われる。

頭の上に沸騰したヤカンを載せているようなものです。この厚さが一日中頭の上にあるので夜になって外の気温が下がっても家の中は暑いままです。

この屋根裏の高温を吐き出し住宅をすごしやすく出来るのです。

それは屋根裏の野地板2重工法+屋根裏通気工法で住宅の気温を外気温と同じ温度に出来るのです。

ぜひ熱中症にならないためにも外壁塗装大阪ゆとりにご相談ください。

2013年8月15日

この暑さを快適に


本日から㈱ゆとりも夏休みに入ります。

それにしても熱いですね。

昨日、お客様の購入予定の住宅を調査に行ってきました。普段は窓が閉めっぱなしなので熱くてたまりません。少し調査しているだけであせが吹きます。

屋根がカラーベストの一汁葺きなので、室内温度は50℃をゆうに超えて60℃近くの温度があるのではないかと思うくらいに暑かった。

このような住宅を快適な住まいにするのには屋根の工夫で気温を下げることができるのです。

それは㈱ゆとりの考案したおお屋根の野地板2重工法+空気通気工法+小屋浦換気です。

屋根裏の暑い空気を自然の力で抜いて、小屋浦の気温を外気温と同じにして、外壁を塗るエアコン、AGCのルミステージ(フッ素樹脂)で外壁の塗装することです。

屋根裏の気温を押さえ、そして外壁の高温を跳ね除けることで住まいの気温は下がるのです。

皆さんも過ごしやすい住宅にしてみませんか。

外壁塗装大阪ゆとりは提案しています。

2013年8月13日

雨漏り


防水工事と雨漏り。

最近は雨漏りする住宅がたくさん見受けられます。

屋上のあるベランダではドレン周りからの亀裂が目立っています。又塔屋の防水が切れていることに築かず、屋上のみの雨漏りをしている付近のみを補修して雨漏りが直らないと点検依頼が増えています。

屋根瓦の住宅では棟瓦の漆喰が剥離して棟瓦が水平の状態になっているにもかかわらず、放置しているために雨漏りがしている住宅がたくさんあります。

梅雨が明けてからの雨は、雨と言うよりは豪雨です。

早めの雨漏り対策をしてください。

外壁塗装大阪ゆとりは雨漏り調査、雨漏り補修の専門業者です。

外壁塗装大阪ゆとりで安心の住まいに!

2013年8月10日

急激な豪雨で雨漏りが多発!


全国的に梅雨が明け、夏になったら今度は関西地方でも豪雨があり、昨日は京都市内では地下道に雨水が入り、名古屋では床下浸水の住宅があったとのことでした。

又、屋上のある住宅では屋上の排水がうまく流れずドレン周りの詰りや防水の切れで雨漏りの住まいからの調査以来がたくさんあります。

半来、防水は施工から5年ぐらいで再度調査し直し、防水の塗膜のトップは5年に一回再塗装が必要です。

又、ドレン周りは詰り安いので、時々は清掃とともに雨漏りがしていまいか検査の必要です。

雨漏りしてからあわてるのではなく、時々点検、清掃してください。

外壁塗装、や防水塗装は永遠ではありません。住宅を長持ちさせるには、人間の健康と同じように健康診断が必要です。

住宅の健康診断をする会社は外壁塗装大阪ゆとりです。

お気軽に外壁塗装ゆとりで住宅の健康診断してみませんか?

赤外線カメラでの建物調査もしています。雨漏り調査には最適です。

2013年8月 6日


大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |外壁塗装・大阪| All Rights Reserved.