大阪の外壁塗装の資料請求はこちらから

サイトマップ
外壁塗装・大阪のゆとりで赤外線調査

外壁塗装・大阪の月別ブログ記事リスト/h2>

大阪・外壁塗装の月別ブログリスト

外壁塗装と壁の保護


昨日、横浜の中華街のお店の壁が強い風で落ちて、数人がけがをされたとの報道がありました。

築年数は50年くらいとの情報ですが、本来50年くらいで外壁が落ちることはないのですが

一度も外壁の手入れがされていなかったのではないのかな?と思われます。

外壁塗装とは外壁を美しく見せるために行うのは当然ですが、外壁の保護を目的とした工事をすることでもあるのです。外壁塗装ゆとりでは外壁塗装工事をするときは外壁のチェックは当然ながら、外壁の補修工事も行います。また外壁塗装は30年長持ちする外壁塗装材を使いますので、30年間手入れのしなくてもよいように徹底した調査、補修をしています。また塗膜にはメーカー保証書がついています。工事にはリフォーム瑕疵保険を付けますので安心です。

いつまでも安心な建物は外壁塗装のゆとりにお任せ。

2014年3月31日

外壁塗装の価格と耐用年数の正比例


外壁塗装の耐用年数は外壁塗装材をどのような材料を使うかによって違ってきます。

一般に外壁塗装材はウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂の3段階に分かれます。

ウレタン樹脂5年、シリコン樹脂で10年、フッ素樹脂30年のそれだけにフッ素樹脂の塗装は技術が伴います。

ウレタン樹脂、シリコン樹脂、フッ素樹脂の材料価格は少しづつ価格は上がりますが、仕事の手順は同じですが下地の塗装がしっかりしていないと30年は再塗装が必要ないといえません。

そんな中でもフッ素樹脂塗料にも4種類あります。どのようなフッ素樹脂を使うかによって外壁塗装の寿命が違いがありますので、お客様の自身で判断していただきたいと思います。

ゆとりの外壁塗装は30年長持ちする世界勅許取得のルミステージを使用していますので安心。またメーカーAGCの塗膜の10年保証もついています。

 

2014年3月28日

外壁塗装と壁の色付け


最近、外壁塗装の件で多くの相談を受けるようになってきました。それは外壁塗装工事の金額が安かったので工事をお願いしたら2年目あたりからサイディングの目地が切れてきた、または外壁の補修工事がされていなかったので同じところから剥離がしてきたとのいろいろな相談をネットを見て相談を受けています。最近ではセラミックの塗装なので一生持つといわれて、高額な金額だったのにと泣き言のような相談がたくさん寄せられます。

まず外壁塗装工事は壁に色を付けることが目的でなく、壁の補修をして壁を長持ちさせるのが目的なのです。

一般に訪問販売などの業者は安かろう悪かろうの考えで壁の色づけを考えているのではないですか?

外壁塗装ゆとりでは住宅の壁を守り、健康な住まいにするための外壁塗装をしています。そのためにはまず壁の補修をして、30年長持ちする世界特許取得のルミステージ(フッ素樹脂)で塗装工事をしています。

30年持たせるためには、壁の補修が一番大事なのです。

ただ外壁に色と付けるだけの外壁塗装とは目的が違うのです。

外壁を守り、安全安心な住まいを考えている方のみゆとりの外壁塗装を検討してください。

2014年3月26日

外壁塗装のお得感とは。


今、消費税が上がるからと無駄なものを買っている人をテレビで毎日放送していますが、本当に必要なものを今買うことは間違いではないと思いますが、でもそれは本当に必要ですか?とも一度自分に聞いてみるのも必要ではないでしょうか?

外壁塗装でも金額だけで安いとか、高いとか決めつけている人が見受けられます。

例えばウレタン樹脂の安い外壁塗装で工事を5年ごとに繰り返すのと、ルミステージで30年に1回で工事がするのでは

どちらがお得なのでしょうか?

先日も国土交通省の発表によると木造住宅では86年くらいの耐久性があるとのことでした。

つまりウレタン塗装では15回塗装するところを、ルミステージでは3回の塗装で済むことです。

1回の塗装の金額はウレタン塗装は安いでしょうが、それは材料費の違いだけで、安い材料では反対に工事金額が効果になるということなのです。

だから無駄な工事をしないためにもルミステージフッ素樹脂の工事が安くつくのです。

2014年3月24日

知られていないフッ素樹脂塗装。


先日、お客さんから外壁の塗装を検討しているのですが「一番長持ちするのがシリコン塗装ですね」との質問がありました。

一般にはウレタン塗装、シリコン塗装は知られていますがフッ素樹脂塗装は塗装業者も知らないようでした。

ウレタン5年、シリコン10年、フッ素20年。

特にフッ素樹脂塗装の王様ルミステージは30年長持ちで再塗装の要らないフッ素樹脂塗料です。

大阪城、東京スカイツリーなどに使われていますが。

 

 

2014年3月22日

外壁塗装とぬり替え時期は樹脂の違い


住宅の外壁塗装の寿命は塗装材の樹脂による違いによって5年、10年、20年、30年と住宅の外壁の塗 り替え時期がちがいます。

一般にウレタン樹脂塗装は5年~7年、シリコン樹脂塗装は8年~10年、一般フッ素樹脂塗装では20年くらいと言われていますが、AGC(旭硝子)のルミステージは世界特許取得で30年塗り替え必要がいらない、外壁塗装材のトップ。

一般の塗装業者はこの素晴らしいルミステージは使えません。

なぜならばこの塗料を使用する場合はAGCのメイクアップショップにならなければ使用する許可が できないからです。

また30年も長持ちされると再塗装の期間がながくなりすぎるので商売としては困るからでしょう。

でも住宅の健康を考えたらルミステージで30年長持ちの塗装が経済的にも最高の塗装材です。

ゆとりは安心・安全。30年の塗装はルミステージのゆとりにご相談ください。

2014年3月21日

リフォームとネットサイトの紹介の良し悪し。


今回はネットサイトでのベビーシッターサイトで殺人事件とも思われる事件が発生しましたが、

やっぱりネットサイトの手軽さと安さに飛びつくことによる落とし穴表面化したのでは。

住宅リーフォームや外壁塗装のサイトのでの問い合わせなどもよく見受けられる。

ただ金額の安さだけに飛びついて、金額の比較をしても工事内容がわからないのが現実です。

なぜ金額が安いのか、それにはそれなりの理由があるということです。

外壁塗装でも材料の違い、工事内容の違い、工事経歴の違い、特にネットのサイトをしている業者はプロの業者ではないということです。

外壁塗装工事をする場合はネットで丁寧に自分に合った業者を探して、面談をして仕事内容や人柄を見分けることが良い仕事をしてくれる会社だと思います。

2014年3月20日

外壁塗装とマッチングサイト業者


今、マッチングサイトのベビーシッターが事故を起こし問題になっています、これはベビーシッターだけでなくマッチングサイトにも問題はなかったのでしょうか?

外壁塗装やリフォーム業界にもたくさんのマッチングサイトが存在していますが、これらの業者は何の建築知識もなく、ネットで塗装業者やリフォーム業者を集めて、契約ができたら業者から手数料を10~15%も紹介料として取っているだけで、もしお客さんと業者がトラブルになっても一切の責任を取らない。

またお客さんからは紹介料を取らないからお客さんは安いと思われますが、リフォーム業者は紹介料の金額はそれに載せるので決してお客様は安く購入していないのです。

だからマッチングサイトの利用では決して安くなってはいないということです。

2014年3月19日

外壁工事と合理性


リフォーム工事における合理性とはなんでしょうか?

先日、外壁工事をするのにカーポートの屋根のポリカを外して架設足場を付けようとしていたところ、近くで同じような外壁工事をしていた職人が、やはりカーポートのポリカを破って足場を付けていました。弊社ではカーポートの屋根はいったん外して足場を付けるように指導していますが、他社ではめんどくさいからポリカを外さず破って足場を立てるのにびっくり。

確かにポリカをいったん外して足場工事をして、工事が終わったらまたカーポートの屋根を取り付けしなくてはいけませんが、このような仕事をするからこそ丁寧な仕事になるのではないのでしょうか?

他社では合理的と言う理屈が時には手抜きにもなりかねないのではと思います。

小さなことですがこのようなことから手抜き工事が始まるように思いますので、ゆとりは基本からしっかりと工事をさせていただいています。

だからこそ30年の長持ちするルミステージを使っているのです。

2014年3月18日

外壁塗装と地震の関係


先日の3月14日2時台の伊予灘地震で壁がめくれ落ちていた写真がありましたが、この建物の壁はタイルの直貼り仕上げの建物で、壁の落ちた鉄骨には古くさびがたっぷりありました。

夜分鉄骨のALC仕上げでタイル張りの仕上げだったのでしょう?

意外と知られていないのですがタイル目地にも雨は中まで浸透し鉄部も錆びさせるということです。

確かにタイルは水分は入りませんが、タイル目地から水分があいります。

ではこのような建物ではどのような保護の仕方があるのでしょうか?

このような建物の場合は、タイル目地と一緒にタイルも保護のできるAGCのクリアー塗装で壁の塗装を知ることです。

壁の汚れは酢酸で洗い、その上にAGCのクリアー塗装(フッ素樹脂)で塗装をすると、壁の保護と同時に壁も美しくきれいに仕上がります。

タイル壁の建物保護のためにもタイルクリアー塗装を検討してはいかがですか?

2014年3月17日

外壁塗装と長期優良住宅化リフォーム推進


今回長期優良住宅リフォーム推進化推進事業の制度の概要がまとまり、平成25年度補正予算案及び26年度予算案が取りまとめられたとのことでした。

国土交通省では新築住宅だけでなく中古住宅にも今後はすまいの改修住宅にも補助金が出るようです。

住宅の改修では住宅の外壁塗装も改修工事の認められていますが、外壁塗装だけでは住まいの給付金は出ません。

それでも外壁工事をすることで住宅の劣化対策と認められたことはうれしい。

2014年3月11日

今、職人さんがいません。


3月に入り、ならではお水取りが始まりました。今日は3月3日の雛祭り、年度内の公共工事も締切が近づきいよいよ工事の佳境に入っています。

一般の住宅建築工事でも職人さんが少なくて工事の日程が組めないのが今の状態です。

もし住宅のリフォームを計画されているのならば一日も早く契約をしないと、来年度の8%の消費税になりますよ。外壁塗装工事もしかり、すべての住宅工事で職人さんの不足がしています。

2014年3月 3日


大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |外壁塗装・大阪| All Rights Reserved.