大阪の外壁塗装の資料請求はこちらから

サイトマップ
外壁塗装・大阪のゆとりで赤外線調査

外壁塗装・大阪の月別ブログ記事リスト/h2>

大阪・外壁塗装の月別ブログリスト

外壁塗装とコストカット


先日、韓国のフェリーの沈没事故の原因がいろいろわかってきました。

事故の原因は積載の積みすぎとフェリーにかけるコストカットによるものだとわかり始めました。

特に人件費のコストカットで船長はじめ多くの船員が時給のアルバイトのような身分で

命令系統もできていなく、船長も名ばかり船員免許を持つだけの資格者で,航海していた三等航海士はペーパードライバーのような資格者というニュースが流れていました。

外壁塗装の業者の中にも初心者同然の業者も一人前の外壁塗装業者のように仕事を受けて、

とても安い金額で工事を請けている業者もたくさんいます。

外壁塗装に限らず、これから造る仕事においてはコストカットするすることは仕事の材料や質を当然落としているから、結局損をするのはお客さんなのです。

だから安い仕事だから飛びつかず、あとで後悔しない外壁塗装をしてください。

2014年4月29日

外壁塗装は傷口を隠すことではない!


外壁塗装とは住宅の健康と安全管理のための健康診断ではないでしょうか?

外壁のクラック他、雨漏り、壁の汚れ、屋根の軒下のピーリングの診断の調査で住宅の健康を調べるのです。

最近は外壁塗装の職人さんも経験不足の人が多く、外壁塗装は住宅の外壁に色を付けることが主体と思って塗装をしているような工事も見受けられる。

お客さんもそのような安ければ何でも良いのか、住宅の点検、管理を怠って金額だけの工事依頼をしているのが残念です。

特に屋根の軒天の塗装で、ピーリングの雨漏りの発見が遅れるのが残念です。

ゆとりでは軒天のピーリングは塗装はしません。なぜならこのピーリングの状態で屋根の雨漏りの判断ができるからです。

なんでも塗ればよいと言うものではないこともわかってください。

安物買いの銭失いということわざもあります。

外壁塗装と暑さ対策


いよいよ、春の大型連休が近づいてきました。

これからは段々暑さが増してきます、またこれからは暖かさが増していくと住宅の湿気や屋根裏の湿気が増えてカビも生えやすくなります。

まず、屋根の小屋裏の温度を下げるために屋根瓦に遮熱塗料を塗装することで温度を12℃以上下げることができます。それにより2階の気温が下がり過ごしやすくもなりますので住宅の健康にもよいのです。

遮熱対策は住まいの健康にを考えることにもなるのです。

2014年4月27日

外壁塗装ゆとりの売りは職人の技術と30年のルミステージ


今、安かろう悪かろうの外壁塗装工事にはまっているお客様がたくさんいらしゃるとお聞きしました。

訪問販売で安かったので仕事をお願いしたら1年しないくらいで塗膜の剥離があったり、壁の補修をせずに塗装をしたりしていて雨漏りがしたとの苦情を聞きました。

外壁塗装と聞いてすべての業者は同じような同一の工事をすると思われていますが、すべての業者の仕事に関する考え方が違うのでお客様の判断が正しくされることを願います。

外壁塗装はただ外壁に色を付けるだけと思われるのでしたら、どんな業者で工事されてもよいでしょうが、お客様の住宅の健康と、住まいを守るために外壁塗装をご検討なら30年長持ちし、そして技術の高い外壁塗装のゆとりにお任せしてみてはいかがですか。

きっと満足のできる、後悔のしない外壁塗装になりますよ。

2014年4月25日

塩害に強い外壁塗装はルミステージだけ


海の近くの住宅では外壁塗装にもっとも適している塗装はフッ素樹脂塗装なのはご存知ですか?

海の近くと言っても海岸から約10キロぐらいの範囲の住宅の壁は塩害に弱いのでフッ素樹脂塗装をすることが住まいを長持ちさせるコツなのです。

住宅の豆知識です。

また紫外線にもフッ素樹脂塗料は強いので、飛行機や船や海の橋梁などに使われています。

特に初めて世界特許取得したAGCのルミフロン(フッ素樹脂)は今住宅のルミステージと言う名前で使用されています。

今までは外壁塗装は10年に1回と言われていましたが、今その常識を覆してルミステージは30年に1回の塗装で済みます。

消費税も上がりました、今外壁塗装の無駄をなくしませんか。

外壁塗装のゆとりはルミステージでお客様の住宅を守ります。

2014年4月23日

30年後の肌はまだきれい?


あなたの30年後のお顔に何も塗らずにそのままにしておいても、肌はまだまだつやつやしてきれいでしょうか?

住宅の外壁塗装では1回塗ったら30年塗り替えのいらない世界特許取得のルミステージで外壁塗装があるのはご存知ですか?

フッ素樹脂の外壁塗装は長持ちすることは知っている方もいらっしゃいますが、フッ素樹脂の王様ルミフロンがある方は少ないと思います。

いままでのフッ素樹脂の常識を超えたフッ素樹脂ルミステージは分子構造をFEVE交互共重合体させることにより世界特許取得の外壁塗装ルミフロンが誕生しました。

今までの外壁塗装の常識は5年~10年の再塗装が必要でしたが、これからは30年が一つの目安になります。

消費税も上がりました、外壁塗装の無駄をなくしていつまでも美しく強い住まいづくりをしませんか。

2014年4月21日

あなたのマイホームを紫外線から永く美しく守ります。


30年たってもまだきれい!

一般的には塗装の劣化はつやがなくなることと正比例し、光沢値が80%以下になるタイミング(破線以下)が塗り替え時期と言われています。

一般的に外壁寿命はアクリルウレタンは5年相当、アクリルシリコンは10年相当、フッ素樹脂は20年相当と言われていますが、AGCのルミフロンは30年再塗装の必要なし、なぜなら28年ごろから劣化が始まり30年で塗り替えすればよいからです。

今住宅の外壁塗装のメンテナンス計画は大きく変わりました。

外壁塗装ゆとりはAGCのルミステージで外壁塗装をしています。

2014年4月20日

塗装はみんな同じとは思っていませんか?


外壁塗装と言ったらみなさん同じとは思っていませんか?

だからこそ同じような工事だから安価な金額でも工事内容は同じだと思い込んで後で後悔している人々がたくさんあります。

外壁工事は今から作っていくものです。職人の技術力、外壁塗装の材料の違いすべて比較はできません。

外壁塗装ゆとりの

外壁塗装材はAGCの世界特許取得のルミフロンを使用した30年再塗装の必要のなく、10年塗膜の保証の旭硝子のルミステージです。

消費税も8%に上がりました、無駄を省いた30年外壁塗装をしませんか。

2014年4月19日

外壁塗装の常識が変わりました!


過去外壁塗装の寿命は10年が当たり前。その少し前ママでは5年、それが今では30年。6倍の長持ち、いつまでも美しい外壁の塗装で、いつまでも赤ちゃんの肌のようにつるつる。

何故、外壁塗装が長持ちするようになったのはフッ素樹脂の外壁塗装ができたからですが、その中でもAGC、旭硝子のルミフロンは3F系FEVEの分子構造でFEVE交互供重合体:フルオロエチレン/ビニルエーテル交互共重合体で世界特許取得をしました。

だから今までの外壁塗装の常識を上回る驚異的な30年の再塗装が必要ない外壁塗装ができたのです。

消費税も8%になりました。無駄を省いた30年の塗装をしませんか。

2014年4月18日

外壁塗装と手抜き工事


昨日韓国でフェリーの転覆事故がありました。

この事故は船長の手抜き事故、いわゆる仁義的ミスが引き起こした事故と思われる。

出向が霧で2時間ほど遅れて出発、それを取り返そうとして岩礁の多い普段は通らない航路に舵をきり、それによってフェリーの中の車が片方に偏ってフェリーが転覆したようなニュースがありました。

それもひどいんですが、我先に船長以下航海士が脱出したことが揺れされません。

多くの犠牲者があるにも関わらず、船の最高責任者が脱出するとは?

外壁の工事においていい加減な仕事をして、あとは知らん顔をする業者もありますが人として情けない、このような品源は恥じを知らないのだろうし、またこのような人の人命を預かる仕事に就ける国家を疑う。

2014年4月17日

架設足場と外壁塗装


先日、神戸市三宮の解体工事現場で足場の倒壊があり数人のけが人が発生しました。

架設足場工事は工事の安全のためだけでなく、作業員の安全のためにもあるのです。

特に外壁の塗装工事では丁寧な工事をするためにも架設足場が必要なのですが、工事単価を安く上げるために見た目だけの単管の簡単な足場工事になってきています。

外壁の工事をするためには工事の安全上だけでなく、きっちりを音信のできる仕事をするために職人が安全に工事のできるような足場にしてほしいものです。

敷いてはそれが安心できる外壁の塗装ができると思います。外壁塗装も30年再塗装の必要のない時代が来ています。

架設足場は少し高くなりますが今まだは10年に異界の塗装でしたが、これからは30年に一回の3倍長持ちのルミステージ(フッ素樹脂)で外壁塗装をしてください。

 

2014年4月15日

外壁塗装と塗装技術者


今、建設作業員がいないので外国から建設作業員として外国人を入国しやすいように使用としているが、果たして今の建設作業員が即席で建設作業員として働くことができるのでしょうか?

これはあらゆる仕事に言えることでしょうが、土型作業員にしても経験が必要なのに建設現場の作作業は即席でできる仕事ではないということです。

長年の下積みと経験によって一人前の職人なるのですが、今必要だから外国人を入れることは賛成できません。

外壁塗装工事で安い金額の広告に飛びついて工事を依頼したところほとんど素人に近い職人が来て工事をして、1年くらいで塗膜の剥離。そこで業者に電話をしたら担当者がいないのでわからないとのことで泣き寝入りをしたとのこと、今巷にはこのような話がたくさん出ています。

これは業者も悪いのですが、お客さんもなんでも安いものに飛びついて、そして値切りをすれば安くなると思っていることです。

外壁塗装でもすべての工事が一緒ではないということをわかって値段の交渉をしてください。

出来上がっている物を購入するのと違うのはこれから形にするものだという事だと。

仕事が雑になったり、素人同然の職人を使ってみたり、工事代金が安いと言うことはそのようなことだと言う事なのです。

今建設業界だけでなく、あらゆる業界で日本人の職人さんを育てる必要があるのです。

外国人の職人では仕事に関する感覚が大変違います。まずは日本人の職人を育てることから

初めて、それから外国人の職人ではないでしょうか。

ただどうしても日本の建設労働者に向かない国の人もありますが。

 

2014年4月14日

住宅リフォームにおける外国人労働者


今回建設業では、今までの政府の無策のため建設労働者が少ないので外国人労働者の受け入れをすることになりました。

以前労働者をたくさん受け入れましたが、結局失敗したように思います。

以前、弊社でもK国人の塗装職人を入れて使用したことがありました。その彼はK国では長年の外壁塗装の経験者だとの知り合いの紹介で来たので、まじめそうなので一度は使用してみようと思い工事をさせてみたのですが、仕事は悪くなかったのですが、日本人との違いは感性の違いがありました。

ましてや住宅のリフォームではすみながらの工事なので、外国人労働者は難しいのではないでしょうか?この時の工事は外壁塗装と屋根の吹き替え工事で住宅の中には入らない仕事でしたが。

建設労働者がいないからと単純に外国人労働者を入れることは賛成できません。

人はやはり育てないと。

2014年4月 9日

外壁塗装で世界特許取得


AGCのルミステージ(フッ素樹脂)は世界特許を取得した外壁塗装材です。

今までのフッ素材との違いは30年も長持ちする材料であることです。しかも10年の塗膜保障をしてもらえるので使う側には安心ですね。

過去においては外壁塗装は10年ごとに塗り替えが常識のように思われていましたが、外壁塗装も30年長持ちの時代になったのです。

3~4年まではその違いは判りませんが7年ごろからはっきりと外壁塗装の違いがめだってわかってきます。

これからの塗装は10年に1回ではなく30年に1回の塗装になってきたのです。

あなたの住まいも30年に1回の塗装にして無駄な塗装をややめませんか?

2014年4月 7日

足場の倒壊と現実。


昨日、工事現場であってはならない工事現場事故が起きました。工事現場での架設工事の崩壊事故。

本来工事現場を守るべき架設足場が倒れて通行中の数人がけがをしたとのこと。不幸中の幸いでなくなった人が出なかったことはよかった。

今回の工事では足場工事よりもむしろ解体作業のクレーンが鉄骨解体中の事故みたいです。

この20年くらいの建設不況で建設業者の不足による、職人の不足なども事故の一因ではないかとの報道もありました。

今、建設業界ではどのような職種も人で不足。だからにわか職人も増えるし、また安ければよいというような傾向にはにわか職人で工事単価を安く上げようとしている業者も見受けられます、またお客さんも安ければよいのでそのような業者で工事を行います、そして工事終了の後工事の雑さがわかるのです。これは外壁塗装の現場でもあります。工事単価の安い業者は一度疑う必要があると思われます。

2014年4月 4日

韓国で地震!


昨日、韓国で観測史上3番目に大きな地震が発生したとの報道がありました。

韓国では日本のようにほとんど地震対策がされていませんが、いつ起こるかわからない自身でありますが、新しくこの4月になってどの行政も新しく地震の対策の予算が組まれます。

この4月にはまだまだ受付が始まるところなので皆さんの住宅も地震検証しませんか。

平成12年以前の住宅は耐震の心配が少しあります、ましてや昭和55年5月31日以前の住宅は国の補助金もありますので耐震診断を受けてください。

2014年4月 2日

新学期、桜も満開が近し。


新しい年度、いよいよ消費税も始まりいろいろなところで買いだめも終わり、落ち着いて買い物もできるようになりました。

季節もあたたかくなり外壁塗装や、夏の暑さ対策などの屋根の点検も検討する季節になっていますが、まだまだ職人がいなくて、工事も遅れぎみです。

住宅を長く、安全な住まいにするためには外壁の点検、屋根瓦の点検、床下の点検(シロアリ予防)などいろいろな住宅の健康診断してください。

これが住宅に住む人の健康にもなるのです。

2014年4月 1日


大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |外壁塗装・大阪| All Rights Reserved.