大阪の外壁塗装の最近の投稿ブログ記事

サイトマップ
外壁塗装・大阪のゆとりで赤外線調査

外壁塗装・大阪の資料請求

大阪・外壁塗装ブログ記事


傷んだ壁・屋根の点検を今


すっかり春らしい寒さに去ってきました。朝晩はまだ寒さが残っていますが日中はコートを脱いで歩いている人を多く見かけられます。

冬の寒さや雪などで傷んだ外壁や屋根の点検をしませんか?

特に沿岸部の海沿いの住宅は冬の冷たい北風で壁が塩水などの影響を受けて傷んでいました。

一般にシリコン樹脂で塗装された住宅の壁は10年で塗り替えと言われていますが沿岸部の海沿いの住宅では6,7年で外壁が傷んで塗膜も劣化していました。

沿岸部の住宅や建物の外壁は潮風に強い、塩害に被害の受けにくい世界特許のルミステージGT(フッ素樹脂)で30年長持ちさせてはいかがでしょうか。

これからの外壁塗装は1回あたりの金額で考えるのではなく、今の住宅は何十年使えるのかを考えて、外壁塗装のランニングコストを検討すべきでは。

日本の木造住宅は100年。

だったらルミステージGTは30年に位階の塗り替え、でもシリコン樹脂は30年で3回の塗り替え、ましてやウレタン塗装では30年で6回の塗り替えいかにランニングコストがかかっているかお分かりですね。

これからの住宅の保全はランニングコストのかからないルミステージGTがお得かはわかっていただけますでしょう。

将来、使わなくなった住宅は移住・住み替え機構が借り上げてもらえます。100年住宅を目指しましょう。

 

計画図.jpg

日時:2015年2月25日 11:52


大阪の外壁塗装はゆとりにお任せ下さい。

Copyright (C) 2008 |外壁塗装・大阪| All Rights Reserved.